ブログへようこそ!!

 

 
当サイトは、ハイレグ or Tバック・レオタードマニアの会員制フェチ専門サイトでございます。
当サイトのモデルは基本的にヌード及び着衣は脱ぎません。よって露出度が少ないのでは?等のご意見とかは今後いろいろあるかと思いますが、当サイトはある一定のラインまでの露出しか考えておりません。もし、そういったご要望のお客様は他のサイトへお願いします。
ご満足いただけるかどうかはサンプル画像、サンプル映像をご覧になってお客様ご自身がお決め下さい。
 
Since Oct 16, 2005


サンプルページへ
会員ページはこちら
入会はこちらへ


ブログランキング参加中!!良かったらクリックして下さい。
 
  • カテゴリ 雑談 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

E-ブログ - 雑談カテゴリのエントリ

フェチ

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/11/29 21:33
>○「フェティシズム」は百人いれば百人のこだわりがあります。
ttp://pie.bbspink.com/feti/

某巨大掲示板の断り書きであります。(笑)

「百人いれば百人のこだわりがあります」
ここがポイントなわけで、「おれはココがいい」「おれはアソコがいい」と議論していたらいつまで経っても収拾がつかないわけでして。ここに来ていただいている方々もそこそこにストライクゾーンを広げてお付き合いしていただくとありがたいです。

極論から言っちゃうとレオタード趣味の人もレオタードの中身がイイという人は論外ですが、レオタードそのものがイイという人と女の子がレオタードを着ているからイイという人がいると思います。私はとちらかというと後者ですが、あのレオタードの生地のスベスベ感はなかなかいいものです。着てみたいという男の人がいても不思議ではないと思いますよ。

さてそのレオタードですが、そのレオタードを着てもらったある女の子に感想を聞いたところ「引き締まる」という答えが返ってきました。その「引き締まる」という感覚は、男がフンドシを締めてアソコがキュンと「引き締まる」感覚なのでしょうか?男と女の違いはあれどたまには「引き締まる」のもいいかもしれません。

じゃ、男もハイレグ・レオタード?私は最近、お腹が出てきて似合わないと思うので可愛い女の子のハイレグ・レオタードを鑑賞するのみに徹したいと思います。

Tバックレオタード?

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/11/28 21:50
レオタード関連のサイト、見つけてきました。タイトル「エッチなコスプレに挑戦・・」だそうです。
http://blog.livedoor.jp/misaki_feti/

うちと同時期くらいにサイトを立ち上げなさったようです。毎日11月15日から毎日欠かさず更新されているようです。うちも負けじとばかりやっておりますが、いつまで続くやら・・・。(笑)
管理人さんは美咲さんという女性だそうで、画像にはお顔が写ってないのが残念!!
ちょっとトラバさせてもらいました。

写メ

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/11/28 13:30
よくモデルさんなんかに撮影の合間などに携帯電話を渡されて「これで撮ってくれますか?」などと頼まれることがあるのですが、私はひじょうに苦手で「普通のカメラだったら・・・」などと言い訳しながら、なるべくお断りしてます。(笑)

先日も撮影の時、結月里奈ちゃんに頼まれたのですが、結局お手伝いをしていただいている方に代わりに撮っていただきました。里奈ちゃんのホムペに貼ってあるレオタードの写真がそうです。
http://al.kutikomi.net/rina327/4/

まず何が苦手かっていうと携帯のカメラのシャッターを押した時のタイムラグというか押してからしばらく画面が悩んでいるように動きながらちょっと間があってからシャッターが切れるからです。なんかタイミングが取りづらいというか、ついついシャッターチャンスを逃している感じがします。(まだ言い訳してますねw)今の若い人たちはみな慣れているし、感覚が鋭いからうまいんでしょうね。

「写るんです!」みたいな簡易カメラ誕生辺りから「これで撮ってくれますか?」の気軽に声をかけられる環境が増えてきましたけど、何で苦手か?と真剣に考えてみました。

まず、
引用:
1.カメラが軽すぎたり(一眼レフカメラなどはけっこう重量がある)、小さすぎたりしてシャッターを押すタイミングが取りづらい。

2.おじさんなんで、文明の利器の仕様について行けない。これはついて行けるように努力しないと若いオネェチャンとお話できないんでぜひマスターしたいと思います。(笑)

3.失敗したら?と考える。「これで撮ってくれますか?」と頼まれた人に写真とか撮っている人が失敗するなんてなんて思われたくない。(笑)それで余計なプレッシャーがかかります。

いずれにしろ、お気軽に写真が撮れて即送れるというとんでもなく便利でイイ時代になったんだな、と感謝しつつ携帯のマニュアルを良く読むことにします。しかし、携帯電話って写真を撮れること以外にも機能がいっぱいあるなんて思わなかったですね。今更ながら感心。(笑)


この画像は1600*1037 L-sizeのサンプル画像です。→
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10897)

先日のレースイベント

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/11/27 11:00
ちょっとだけ昨日のレポートを書いちゃいましょう。先日も書きましたけど、あるプライベートチームのレースイベントに花を添える意味で参加させていただきました。

まず午前のレースが終わった後、結月里奈ちゃん、河野今日子ちゃん、伊東ゆうちゃんの3名が選ぶ「誰の車がカッコイイか?コンテスト」審査&表彰式をやってきました。午後は「誰の車のドリフト走行がカッコイイか?コンテスト」これまた審査&表彰式です。

結月里奈ちゃん、河野今日子ちゃん、伊東ゆうちゃんの3名が独断と偏見で選ぶだけにチーム関係者のみなさんも予想に反する?というか思いもよらない審査結果に目も白黒&ため息・・・。(笑)
誰の車のドリフト走行がカッコイイか?コンテスト」では車がコースからハミ出てクラッシュ・赤旗みたいなオチまでついて結月里奈ちゃん、河野今日子ちゃん、伊東ゆうちゃんたちもびっくりでした。

レースの合間にドライバーさんや車のオーナーとモデルさんたちが記念写真を撮ったりワイワイやっている姿は微笑ましくもあり、レースの緊張感から解放されたひとときでもあったと思います。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10310)

Tバック

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/11/23 13:00
Tバックっていえば、10数年前ハイレグの後にブームになったスタイルですよね。ハイレグの後にTバック・・・。これでもかこれでもかっていうくらいに世の女性たちのスタイルは下半身露出をエスカレートしていった時代の構図って今思うと奇跡でしょうか。(笑)

その下半身露出隆盛時代は1980年代後半なわけですが、1980年代っていうとバブル全盛です。何が、世の女性たちが男どもを喜ばせる為にその下半身露出隆盛に拍車をかけていったか?なんて検証してみるのもおもしろいかもしれませんね。

さてそのTバックですが、日本では大和男児が古来にクラシックブリーフとして愛用してきたおフンドシというのがあります。現在ではお相撲さんがユニフォームとして着用していますが・・・。それとは別に女性が、下着または水着として愛用するようになる時代が到来したのもびっくりでした。

Tバックといえば当時Tバックスというセクシー・グループがいました。なんか、また最近復活したとか芸能ニュースかなんかで見ました。検索したら千葉一二三(元Tバックス)なんて名前が出てきたけど、お尻がきれいで、末期にはヘアヌードまで披露してくれたTバックスのあの千葉ちゃんなんでしょうか。

私としてはハイレグ以外にTバックの話題もつきることがないのですが、Tバックが復活の兆しを見せているということはひじょうに喜ばしいことです。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10924)

ハイレグのお話 2

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/11/22 17:00
毎日のようにプログを書いております。多分、始めたばかりなのでもう少しするとサボるかと思います。元々、そんなに持久力のある方ではないので。(笑)

その昔、分度器マンなるキャラクターがいたのをご存知ですか?このキャラクターをご存知の方は相当マニアックだと思います。ハイレグもそろそろ下火かなと思われた時に確かフジテレビ系の番組だと思いますけど島田紳助と松本人志がやっていました。

番組自体はどちらかというとばかばかしい番組で、島田紳助がクイズを出題して水槽の中にある正解の答えを書いたパネルを飛び込んで取りに行くといった内容だったと思います。その番組に出演する女性出場者の水着のハイレグ度を計る役目が渡辺正行(コント赤信号)扮する分度器マンだったわけです。

ちょうど岡本夏生がレースクィーンからタレントへと売り出し始めた頃だったのでTバックの大胆水着を着てかなり身体を張って出場していました。

余談ですが、レース場にいるキャンペーンガールたちを自らレースクィーンと呼んだ元祖は岡本夏生だそうです。元々、鈴鹿サーキットにいる女性たちをサーキットクィーンと呼ぶことはあってもレースクィーンという言葉はそれまでなかったとか。

だから、今でもレースクィーンがイベントステージに立つ時はキャンペーン・ガール=キャンギャル、「キャンギャル・オンステージ」と呼ばれていますよね。あ、ここはレースクィーンネタを書くところではないのでレースクィーンの話はこれにておしまい!! また、日を改めて機会があれば小出しに書きます。(笑)

さて話はハイレグに戻すとして、今のタレントさんにハイレグ・レオタードを着せるとしたら誰が似合いそうですか?

私としては、ローライズの元祖的な女性のHITOMIさんでしょうか?さすがにモデル上がりなだけにプロポーションも抜群!!
ぜひとも着てもらいたいですね。

ハイレグのお話 1

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/11/20 15:00
ハイレグっていう言葉を初めて聞いたのは、やはり体操界の妖精と謳われたコマネチのレオタードだと思います。昔のコマネチの映像なんかを見る機会がありますが、今思えばそれほどハイレグだとは思いませんよね。

漫才ブームも華やかし頃、ツービートのビートたけしさんが「コマネチ!」「コマネチ!」とハイレグポーズのギャグを振りまいていたのもこの頃でしょうか。あの山田邦子オネエサンまでハイレグのコスチュームを纏った写真集だかグラビアだかが出たとも記憶しています。

とにかくあの頃は有名無名を問わず、みなオネエサンたちはハイレグをこよなく好んで着用していたんです。でも、今の女の子たちは、この「ハイレグ」の話をすると
「可愛くな〜い」「ダサ〜い」なんてのたまわれちゃいます。

そんな女の子たちの「ローライズのパンツが可愛い」なんていうセンスも「ハイレグ」ともそんなに違いはないと筆者は思うんですが、やはり時代遅れなのでしょうか?(笑)

カメラマンとモデルさんの距離感

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/11/19 12:20
撮影している時のモデルさんとの距離の取り方というのはひじょうにむずかしいものがあります。離れすぎても良くないし、接近しすぎてもいい結果はでないと思います。

最近のカメラは良くなってズームとかも付いていますが、こういったモデルさんを一対一で相手にする場合はズームはあまり使いたくありません。なんか、相手からは動かずに横着しているようにも見えますし、切迫した臨場感が伝えきれないように感じるからです。

しかし、あまりモデルさんと接近しすぎるとこれまたモデルさんが変な緊張の仕方をする可能性があるのも否めません。せっかくうち解けて短時間で培ったコミュニケーションも再びの緊張でモデルさんの顔もこわばり・・・じゃ、寒い映像になってしまいますからね。

モデルさんを撮影するということはある種、格闘技にも似てるかも知れません。その証拠に終わるとガックリと疲れも来ますし、撮影中は照明ライトのせいもありますが、汗だくでシャツなんかはびっしょりになります。

撮影を終える度に、「ああすれば良かった」「こうすれば良かった」・・・
日々毎回々々反省であります。

※イベント案内を設けてみました。ダミーで撮影会案内が記載されています。申し込まれても開催は多分、されないんで悪しからず(笑)
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (13231)

ハイレグ・レオタード

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/11/18 10:00
女性の身体を見せ過ぎずにさらに隠し過ぎもせず、身体のラインをより美しく見せるのがレオタードだと信じて疑わない筆者です。

しかし、このレオタード、誰が?いつ?どこで?
諸説は色々あるでしょう。

だいたい最近は、レオタードって昔、レースクィーンが着てたよね、くらいしか想像しないんだろうけど、元々はエアロビとかジャズダンスとかフィットネスで着ていたものですよね。
もっとさかのぼると、バレエの練習着も確かレオタードって呼んでたような記憶がありますが・・・。

まあ、女の子が着るとエロチックに見えるのは今も昔も変わりはないと少なくとも私は思っています。(笑)

各種レオタードのご用命は当サイトでもお世話になっていますCROWDさんへどうぞ

http://96-10.com/

サンプルページ追加しました。

Hなビデオ?

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/11/17 21:26
伊東ゆうちゃんを撮影してた時の話です。
撮影者がゆうちゃんに語りかける言葉、「今撮影しているビデオはHなビデオじゃないからね」。
うむむむ、「Hなビデオ」とは何ぞや?

画像は赤のTバックレオタードのゆうちゃん。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (10494)
Google 検索
サイト内検索
Pick Upレオタード
ゴールド・シルバーレオタード
メインメニュー
カレンダー
« « 2018 9月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
アーカイブ
カテゴリ一覧
最新のコメント
最新のトラックバック
Twitter
E-Channel
Powered by E-Channel (c) 2005-2016 E-Channel Project
Theme designed by OCEAN-NET