ブログへようこそ!!

 

 
当サイトは、ハイレグ or Tバック・レオタードマニアの会員制フェチ専門サイトでございます。
当サイトのモデルは基本的にヌード及び着衣は脱ぎません。よって露出度が少ないのでは?等のご意見とかは今後いろいろあるかと思いますが、当サイトはある一定のラインまでの露出しか考えておりません。もし、そういったご要望のお客様は他のサイトへお願いします。
ご満足いただけるかどうかはサンプル画像、サンプル映像をご覧になってお客様ご自身がお決め下さい。
 
Since Oct 16, 2005


サンプルページへ
会員ページはこちら
入会はこちらへ


ブログランキング参加中!!良かったらクリックして下さい。
 
  • カテゴリ 投稿プログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

E-ブログ - 投稿プログカテゴリのエントリ

エログとしてスタートした「レオタード恥辱物語」が昨日で完結してしまいました。そしてFさん、「レオタード恥辱物語」の思いを後書きとして寄せていただきました。


  編集後記 〜レオタード恥辱物語を終えて〜
 
  私の拙いエログを読んでいただきまして誠にありがとうございます。
 F書院さんから出てるような赤裸々な性描写ではなく、あくまでこのサイトの趣旨に則(のっと)った妄想小説という形の仕上りでした。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (7886)
しばらくお休みしていたFさんのエログ、いよいよ完結編です。青いレオタードでクライマックスを迎えた・・・と思ったらもう、最終話です・・・
では、どうぞ!!



     レオタード恥辱物語 〜肢体に食い込む蒼き悪魔の衣装〜 最終話 恍惚、そして・・・・雨

   「これで何を す・る・の?」
  Cちゃんは鈍く光っている棒状のものを握って思った。
  それはストリップやショーパブで見ることの出来るポールであった。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9125)
東京地方、昨日はあいにくの雨、今日もなんかパッとしない天気が続いております。そんな時はFさんのエログでも読んでE-Channelに入会してスッキリ行きたいところです。ちょっと宣伝したところでFさんのエログをどうぞ!!


「レオタード恥辱物語 〜肢体に食い込む悪魔の衣装〜 第4話 心に潜む悪魔との邂逅」

 Cちゃんは恐る恐る椅子に腰掛けた。不思議なもので先ほど金色のレオタードであお向けに寝そべって男性自身を受け入れるポーズまで取っていたのに、

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (9281)
さて本当は昨日、ギリギリの時間にFさんから投稿があったのですが、三上陽子ちゃんの撮影報告もありましたので今日に変更させていただきました。感想、激励、ご意見、その他ありましたらコメント並びにメールも受付いたしております。では、Fさんの投稿エログ行きます。

「レオタード恥辱物語 〜肢体に食い込む蒼き悪魔の衣装〜 第3話 抑えきれない野生の茂み」

 「ああ、もう嫌だわ。帰りたい。こんなになってるぅ〜・・・。」

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12494)
朗報!! Fさんのエログ、復活です!!

「もう・・・・、こんな衣装、着れるわけないわよ!」
 Cちゃんはあまりにも過激な蒼いレオタードを身に纏い、その半端ではない露出の多さに愕然とし、また激しい焦燥感に教われたのであった。


 後ろの急角度のTバックはCちゃんのお尻の割れ目にぴったりと寄り添う様に密着した形で上へと伸びていた。
 横の切れ上がった頂点の部分はCちゃんの腰骨の遥か上の部分、いや胸のすぐ下の部分と言った方がいいであろう、そこまで迫っていたためである。
 これであればレオタードが紐の様にお尻の割れ目に食い込むのも仕方がない。おかげでCちゃんの尻部どころか腰周りも9割方露出しており、
 パンティストッキングの一番上の部分までが露出しその上の素肌までが晒されていた。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (11684)
Fさんからの小説第五弾です。この話は事実に基づいて書かれているかどうかは知る由もありません。フィクションかノンフィクションかは読まれた方々のご想像にお任せいたします。ではエログ、行きます。   

「レオタード恥辱物語  〜肢体に食い込む蒼き悪魔の衣装〜   第1話 黎明そして迷い」

 「恥ずかしかったけど、私のこのセクシーな体を見せつけるのも結構気持ちいいわね。もっと見せたかったのに・・・・。中途半端に終わったわね。」
 金色レオタードの撮影を終えたばかりのCちゃんはそう呟いた。
 口には出して言わないものの、Cちゃんはきつく食い込む金色レオタードを股間からずらし、アンダーショーツを見せてもいいと思ったくらい気分が高揚していたのであった。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12720)
Fさんからの小説第四弾です。この話は事実に基づいて書かれているかどうかは知る由もありません。フィクションかノンフィクションかは読まれた方々のご想像にお任せいたします。ではエログ、行きます。

 「レオタード恥辱物語 黄金色に輝くレオタード 〜その光と影〜 後編」です。

 「この状態で、股覗きするの?
 Cちゃんは「雌豹のポーズ」と呼ばれる、両手をつき、腰を高く上げて、まさに獲物に襲いかからんとせんばかりの姿勢をとっていた。
 その状態で股覗きをするということはカメラに自分のお尻を向けて脚を開き、お尻を突き出すポーズを取る事である。
 「ただでさえさっきのレオタードより面積が小さくて、食い込みも激しいのに・・・・」

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12744)
Fさんからの投稿第四弾、小説第三弾です。この話は事実に基づいて書かれているかどうかは知る由もありません。フィクションかノンフィクションかは読まれた方々のご想像にお任せいたします。ではエログ、行きます。
「Cちゃん レオタード恥辱物語 黄金色に輝くレオタード 〜その光と影〜 中編 」だそうです。それでは、どうぞ!!

 「えっ、これは・・・・・、ちょっと、いやぁ〜だ〜〜・・・・・」
 Cちゃんは大きな声に出しては言えないが、心の中ではそう叫んでしまいたい心境であった。

 光沢感のある黄金色と透明なパンストの中でただ一点暗い影を落としている部分・・・・
 Cちゃんの最も敏感な部分の周辺である。

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12733)
三たびFさんからの投稿第三弾、小説第二弾です。この話は事実に基づいて書かれているかどうかは知る由もありません。フィクションかノンフィクションかは読まれた方々のご想像にお任せいたします。ではエログ、行きます。
「Cちゃん レオタード恥辱物語 黄金色に輝くレオタード 〜その光と影〜 前編 」だそうです。それでは、どうぞ!!
--------------------------------------------------
 あまりにも食い込みの激し過ぎた赤いTバックのレオタードの撮影がようやく終わった。
 撮影で体を余すところなく動かしたCちゃんの体に赤いレオタードは否応無く食い込み、汗の流れる隙間も無いほど肌に密着していた。
 

...続きを読む

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (14995)

恥辱と恍惚の赤Tバックレオタード編

カテゴリ : 
投稿プログ
執筆 : 
e-chan 2006/2/8 18:23
再びFさんからの投稿です。この話は事実に基づいて書かれているかどうかは知る由もありません。フィクションかノンフィクションかは読まれた方々のご想像にお任せいたします。ではエログ、行きます。

モデルCちゃん(仮名)の心境は「恥辱と恍惚の赤Tバックレオタード編」です。

赤レオタードを手にしたとき・・・
Cちゃん「こんなに食い込みが急角度だなんて聞いてなかったわよ。お尻は自信有るから見せても良いんだけど、この前側はねぇ〜。以前のブログの写真見てたけど、ほんと予想以上だわ。

...続きを読む

Google 検索
サイト内検索
Pick Upレオタード
黒レオタード
メインメニュー
カレンダー
« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
アーカイブ
カテゴリ一覧
最新のコメント
最新のトラックバック
Twitter
E-Channel
Powered by E-Channel (c) 2005-2016 E-Channel Project
Theme designed by OCEAN-NET