ブログへようこそ!!

 

 
当サイトは、ハイレグ or Tバック・レオタードマニアの会員制フェチ専門サイトでございます。
当サイトのモデルは基本的にヌード及び着衣は脱ぎません。よって露出度が少ないのでは?等のご意見とかは今後いろいろあるかと思いますが、当サイトはある一定のラインまでの露出しか考えておりません。もし、そういったご要望のお客様は他のサイトへお願いします。
ご満足いただけるかどうかはサンプル画像、サンプル映像をご覧になってお客様ご自身がお決め下さい。
 
Since Oct 16, 2005


サンプルページへ
会員ページはこちら
入会はこちらへ


ブログランキング参加中!!良かったらクリックして下さい。
 

E-ブログ - 200512のエントリ

年末年始のお知らせ

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
e-chan 2005/12/30 17:02
現在、ジャパンネット銀行を利用している関係で
引用:
■ 年末年始営業時間のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
年末年始は24時間無休でシステムを稼働いたします。
---以下省略---
と、いうことですので
ジャパンネット銀行同士の振込でしたら24時間以内で入会の対処可能です。
他金融機関からの当日付振込は12月31日から1月3日まで反映できません。


その他E-Channel宛の連絡はメールにて対処いたします。最大24時間以内には連絡可能です。

それではみなさま、良いお年を。

E-Channel
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (14570)

フェチのお話 5

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/12/30 13:20
今日も性懲りもなくフェチのお話ということで書きます。 今日はリクエストです。
引用:
いつもブログを楽しみに読ませて頂いております。 今度アンダーショーツのことについて、書いて下さい。 アンダーフェチなもので・・・ 以前、少しアンダーのことに触れられていたことがありましたが、撮影でもチラみせがあればうれしいです。

・・・はい、ということで今日は、このアンダーショーツのことについて書いてみたいと思います。アンダーフェチ、サポフェチの方は会員の方の中にはけっこういらっしゃいます。また、アンダーなしでの、っていうリクエストの方もけっこういらっしゃいます。当サイトでは平等?な立場で今後は撮影していきたいと思っています。

アンダーフェチ、サポフェチの方は一度、ご覧になってください。どちらかというと水着系・スポーツ系のアンダーショーツ、サポーターに特化しているかも知れませんが、かなり奥の深いサイトであります。
https://fc.squares.net/lssfc/index.htm

さて、このアンダーショーツとレオタードとの関係といいますと結びつきは深いです。では、なぜレオタードの下にあの「無粋?」なアンダーショーツなんて着用しているのでしょうか?という疑問から入っていきましょうか?

  • 1.複数の人たちでレオタードを着回す可能性があるので、お股の部分がレオタードに直接触れるのは、という衛生面での考慮。

  • 2.ヘア、etc.のハミだし防止の為。

  • 3.モデルの家族、友人、彼氏etc.に対して、「私はセクシーなスタイルをしていますが、ハダカになっているわけではありません。ちゃんと下着は着けています。」というメッセージの為。

  • 4.単なる伝統?先人・先輩たちから今まで引き継いできたのでアンダーショーツを付けるのは当然だと言われている。

思い当たるのはこの辺ではないでしょうか。

1.については確かに衛生面での着用はわかるような気がします。誰が着用したかわからないような、レオタードを直に身につけるのは?って考えるのは自然です。余談ですが、プロのモデルさんたちはアンダーの他にタンポンは必需品らしいです。オリモノシートなんていうものもありますが、それだとハミ出る可能性があるのでタンポン挿入で対処しているとか。でもたまにヒモが出ちゃっている人もいますよね。ベテランの人はヒモは短く切ってうまく隠しているそうです。

男の「ガマン汁」と違って女性の場合、Hしたいとかに関わらず生理前後のホルモンのバランスなどで「濡れてしまう」という生理現象は避けられないようです。女性の身体の仕組みっていうのは男の我々には理解できないことがたくさんありますね。そのことによって下着や衣装を汚さないように、という配慮のためにタンポンを使用するとのことです。

次は2.についてですが、アンダーショーツの幅がヘア「ハミだし安全地帯」と考えているモデルさんたちは多いようです。だから、アンダーの前をしっがり両手の指先で押さえながら確認している光景はレース場なんかではよく見受けられます。ヘア以外のハミだしを期待しちゃいけません。

これまた、余談ですが1980年代後半から1990年代半ばくらいにテレ朝系で深夜に「Club 紳助」っていう番組を放送していました。番組の中でよく紳助自身が当時鈴鹿8耐のバイクチームの監督をしていたので自チームのレースクィーンのことをネタにしていました。朝はシャキッとレオタードで決めていても夕方になるとヘアがハミだしてきて「おい、なんとかしろよ」みたいなトークをしていました。

確かにアンダーショーツを履かずにパンスト直履きだとパンストの滑る感触でヘアが長めだとレオタードから徐々にはみ出してくる可能性はあります。多分、チーム紳助のレースクィーンはそんな状況だったんだと思われます。そんな話題が公共の電波で聞けるなんてなんかほのぼのしていていい時代だったんだと思います。

さて3.につきましてですが、この論理は男性にとってはちょっとわかりづらいものもありますね。昔の娼婦の「キスはダメ」みたいな「おパンティ1枚の貞操」なのでしょうか?それともモデルさん自身が自分に納得させる為の弁解というか言い訳みたいなモノなのでしょうか?ハミだしモノに男が「萌え」となる心理と同じくらい異性にとっては摩訶不思議な心理なのかも知れません。
https://www.e-channel.cc/modules/weblog/details.php?blog_id=46

このアンダーが見えていることに対してモデルさんが感じていることはたいてい「恥ずかしい」と言っています。ただどの程度「恥ずかしい」か?というとモデルさんによって違うようです。例えば、スカートの下からおパンツを見られるくらいとても「恥ずかしい」と思っているモデルさん、別にそのもの直を見られるわけではなく「おパンツは履いてる」からちょっとだけ「恥ずかしい」いうモデルさんがいるようです。なかなかむずかしい女心であります。

いよいよ4.ですが、この件に関しましては着用しているモデルさん自身があまりわかっていないんだと思いますから、我々の関知するところではないので省略します。


知人から聞いた話としてアンダーショーツ番外編を書いておきます。以前、伝説のTバックレオタードのレースクィーン「マルカツ」のお話をしましたけど当時の画像なんかを見るとアンダーショーツではなくテープをお股に貼っているような画像を拝見したことがあります。たぶん、ヘアを隠す為に前貼りをしていたんだと思います。
https://www.e-channel.cc/modules/weblog/details.php?blog_id=27

前貼りとはヘアを隠す為に考案されたモノですから「マルカツ」が登場した時期(1990年代前半)とヘア解禁の時期(1991年-篠山紀信氏の写真集発刊)がオーバーラップするが如く、かぶるのではないでしょうか?まだヘアに関してはデリケートな時期ではありましたから・・・。前貼りは日活ロマンポルノの産物でそれがレースクィーンに使われるっていうのもなんか面白いですね。

長々と1ヶ月半の間、飽きもせずに私見でレオタードにまつわる話、関係ない話も含めてプログ風に書いてまいりました。こんな駄文でも読んでくれているというメールを何通もいただき、大変励みにもなりました。

たぶん雑談としては、これが今年最後になると思います。来年もまたネタがあるようでしたら書きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

みなさま、良いお年をお迎え下さいませ。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (34036)

フェチのお話 4

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/12/29 11:20
足、お尻、オッパイ、ときていよいよ顔ですか。顔と言うよりは目、口唇、耳、とかのたいていパーツのフェチという趣があるようです。でもこうなると「フェティシズムは百人いれば百人のこだわりがあります」そのまんま、どれがどれ?なんてまったく決められませんね。

総体的にはレオタードが似合う顔いや女性だったら誰でもいいんですけどね。それで美人だったらなおさらOKです。それと足に始まってお尻、オッパイ、顔とすべてのバランスだと思います。いやいや筆者の好き勝手にフェチの話を4日に渡って書いてしまいました。このサイトをご覧になられている方々も色々なご意見があるかと思います。良かったらコメントにでも残していただけると嬉しいです。

さて身体のパーツのフェチにについて書いてきましたけど、身体っていうと最近ちょっと気になるというか気が付いたことを書いてみます。

先日、ある撮影会に行った時のことです。水着の部だったんですけど水着の部の前の私服の時に履いていたパンストのゴム跡がウエストにくっきり、というモデルさんがいました。それと寒いせいなのか乾燥肌なのか肘と足のくるぶしがカサついているように黒ずみの中に粉が吹いているような・・・。(見た目ですけど) 生足だとアラがよくわかります。

なんかちょっと「プロのモデルさんにしちゃ、プロ意識足んねぇんじゃねぇの?」って思いました。これって最近は、逆に素人っぽいっていうことで済んでしまうんでしょうかねぇ。

話はコロッと変えてみましてだいぶ前なんですけど、サーキットに行ってレースクィーンを撮影していました。その時、あるレースクィーンの足のつま先を撮影していて思わず「あっ!外反母趾(がいはんぼし)!!」って言ってしまったらそのレースクィーン、私の顔をキッとにらんで立ち去ってしまいました。

心で「外反母趾」と思っても女性の前では口には決して出さない方がいいかもしれません。張本人はこっちが思っている以上に気にしているかも知れませんから。

ホント、筆者は口うるさい舅(しゅうと)ジジイみたいですね。 最近、このサイトに書いている記事の内容は「セクハラサイト」ではないかとつくづく自己嫌悪に陥っている今日この頃です。

今年もいよいよカウントダウン♪


今ご入会いただきますと、
今月いっぱいは無料でご覧いただけます。
よって、2006年1月1日から会員サイトの有効期間が発生するということですのでどうぞ、ごゆっくりご覧下さい。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (16556)

フェチのお話 3

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/12/28 15:16
ちょっとレオタードの話から離れているような気もしますけど、まんざら無関係でもないのでフェチの話を続けようと思います。まずは足、そして尻と段々上に上がって参りました。ウエストはたいてい寸胴よりくびれている方が多いに決まっていると決めつけて胸にいやざっくばらんにオッパイに行きたいと思います。

オッパイというとたいてい大きいか小さいかに別れるかと思います。オッパイ星人と呼ばれる方たちは大きいオッパイがいいのだと思います。この「大きい」の度合いがなかなかむずかしいのではないでしょうか?日本人の場合、往々にしてデカパイ≠デブという図式が多いです。

大きさで言うとお椀をかぶせたようなオッパイ、ドンブリを胸にくっつけたようなオッパイ、スイカをくっつけたようなオッパイ・・・等々。身体は細いのにオッパイのみ大きい・・・でも日本人にはそういう女性はなかなかいませんねぇ。

前にもちょっと書いたのですが、
https://www.e-channel.cc/modules/weblog/details.php?blog_id=25

ナチュラルなオッパイというのは大きいとどうしても引力の法則で下に下がってくるという宿命にあるようです。オッパイは男の私たちが思っている以上に柔らかいのです。ナチュラルと書きましたが、ナチュラルじゃないオッパイとはやはり美容整形等でシリコンや生理食塩水が入っている人造オッパイのことです。

最近の女性たちは見た目重視で、けっこうこの豊胸手術をなさっている方々は多いようです。やはり需要的にはAV女優なんかは多いようですね。それとソープランドとか風俗に従事されている女性も豊胸手術をされている方々がけっこういるようです。

女性の全体的というかバランスを見るとオッパイも自然の大きさってあるように思えるんですが、皆様はいかが感じられますか?巷には「おまえ、その顔でそのオッパイの大きさってちょっと不自然じゃねぇか?」って突っこみを入れたくなる女性も見受けられますよね。

あっ、私のオッパイの好みですか?私個人的には微乳≠美乳派です。どちらかというと大きさよりも形重視です。パンで言うなればメロンパン大より甘食大程度で十分なんですよ。でも大きくても来る人は決して拒みませんけどね。

今年も残り少なくなりました。


今ご入会いただきますと、
今月いっぱいは無料でご覧いただけます。
よって、2006年1月1日から会員サイトの有効期間が発生するということですのでどうぞ、ごゆっくりご覧下さい。

年末年始のお知らせ

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
e-chan 2005/12/28 10:40
現在、ジャパンネット銀行を利用している関係で
引用:
■ 年末年始営業時間のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
年末年始は24時間無休でシステムを稼働いたします。
---以下省略---
と、いうことですので
ジャパンネット銀行同士の振込でしたら24時間以内で入会の対処可能です。
他金融機関からの当日付振込は12月31日から1月3日まで反映できません。


その他E-Channel宛の連絡はメールにて対処いたします。最大24時間以内には連絡可能です。

E-Channel
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12848)

フェチのお話 2

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/12/27 16:57
昨日は、脚フェチのお話でしたけど、今日は尻フェチのお話でもしたいと思います。私はお尻は好きですけどそんなにこだわりはありません。こだわりをもっておられる方は「こういうお尻でないといけない」みたいなものがあるようでなかなか点数の付け方も厳しいようです。

お尻は年齢に正直で、年齢を重ねるとお尻の丸みが少なくなり角張ってきます。角張って見えるのはウエストと腰回りと尻ペタに贅肉が付いて全体的に四角くなってしまうからなんでしょうね。まれに熟したそういうお尻がいいっていう人もいらっしゃるようですが・・・。

お尻に若い、若くないに関係なく尻ペタのきれいに女性は少なくなったように思います。けっこう美人でも尻ペタを見ると「あれ?」なんていう場合もかなりありますよね。昔の人はよく言ったモノで顔は頬ペタに対してお尻は尻ペタの「ペタ」つながりです。

このお尻に詳しい人に一度聞いたことがあるんですが、頬ペタにニキビや吹き出物ができるようにお尻にもできるそうです。健康な女性をお嫁さんにしたければ、お尻の綺麗な女性にしなさいって言ってました。吹き出物のあるお尻は内臓関係があまり芳しくない可能性があるからだとか・・・。

もうひとつお尻があまりきれいでない原因は無理なダイエットにも関係があるのでは?と申しておりました。急に痩せてお尻にしわ寄せが・・・みたいなことらしいです。それとOLなんかの職業病らしいです。硬い椅子とかに長時間座り続けて「座りだこ」がお尻にできてしまう、といったパターンらしいです。お尻が角質化してしまうんですね。そういうのは手入れとかまめにすれば、治せるような気がします。

鑑賞に堪えられる女性になるにはホント、大変な努力をしなければいけないということがよくわかります。余談ですが、少し前はAVとかグラビアの撮影時は、必ずメイクさんがファンデーションとか白粉を叩いてモデルさんのお尻に化粧を施していたんですが、最近はどうなんでしょう?

あまり好き勝手なことを書いてるとお前のお尻はどうなんだ?って突っこまれそうなのでこの辺で・・・。でも、ストッキングってかなりお尻を綺麗に見せられますよね?



今ご入会いただきますと、
今月いっぱいは無料でご覧いただけます。
よって、2006年1月1日から会員サイトの有効期間が発生するということですのでどうぞ、ごゆっくりご覧下さい。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (14411)

フェチのお話

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/12/26 15:16
以前にも書きましたが、引用:
○「フェティシズム」は百人いれば百人のこだわりがあります。
ttp://pie.bbspink.com/feti/

全くもって、キリがないのです。私の友人に脚フェチと称している者がいるのですが、足の趣向はレースクィーンの足はダメだそうです。 太ももが太くて足首が細く、足を閉じた時に、隙間が出来る足はNo!! それに当てはめると、最近のレースクィーンの足は細すぎなんだそうです。色々な意見があるものです。

ここのサイトもなかなかユニークなサイトで当サイトの趣旨にも合いそうだななどと思っていたんですが、いつのまにやら更新が止まってしまったのが残念です。
https://homepage2.nifty.com/taka-/index.html

それとフェチというべくなのかわかりませんが、「ハミ出しもの」に固執される方もいらっしゃいます。私もこの「ハミ出しもの」けっこう、好きです。ハプニングというか見えるべきものじゃないものが、見えてしまうその瞬間っていうのがなんとなくドキドキします。

女性側からするとこの男の心理って死んでも理解しがたいモノだと思います。女性からすると多分見られることに「恥ずかしい気持ち」もあるでしようし、「何でこんなことで男性が喜ぶんだろう?」という不思議な気持ちなんでしょうね。女性からすりゃ、男は皆変態です。

さて「ハミ出しもの」についてはモデルさんたちもここのページを見ているかもしれないので、あまり声を大にしては言えません。またの機会に、ということで。


今ご入会いただきますと、
今月いっぱいは無料でご覧いただけます。
よって、2006年1月1日から会員サイトの有効期間が発生するということですのでどうぞ、ごゆっくりご覧下さい。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (15518)

メリー・クリスマス!!

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/12/25 14:37

今日は、クリスマスっていうことですが、特に書くネタも少なくなって来ましたし、これといって変わったこともありません。サンプルフォトを載せてお茶を濁しときます。

会員の皆様には、くれぐれも当会員サイトの見過ぎで睡眠不足にならぬようお願いいたします。

今ご入会いただきますと、
今月いっぱいは無料でご覧いただけます。
よって、2006年1月1日から会員サイトの有効期間が発生するということですのでどうぞ、ごゆっくりご覧下さい。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (14621)

レオタのアイテム

カテゴリ : 
雑談
執筆 : 
e-chan 2005/12/24 13:12
今日は一般ピープル的にはクリスマス・イヴなんですねぇ。私ぐらいの年齢になるとこのクリスマスという単語にさえ、ピンと来なくなってきました。まあ、負け惜しみみたいなものですが・・・。

今日は、レオタのアイテムっていうことで、話を進めていきたいと思います。筆者はレオタードのことを「レオタ」と略すのはなんか安っぽくなってしまってあまり気が進まないのでレオタードって書きます。

ハイレグ・レオタードに欠かすことは出来ないアイテムというか必要不可欠であろうという物を取り上げてみたいと思います。それは、パンストです。元々レオタードはパンストではなく、タイツのようなスパッツのような厚手のものが履かれていたように思います。レースクィーンがハイレグ・レオタードにパンストというスタイルを始めたのはいつの頃なんでしょうか?

以前、ある業界の方にパンストのことについて伺ったところ、元々パンストは太ももあたりにガードルのようなパンティのような切り替えがついていたとのことです。その切り替えがないパンストの登場によってスカートが短くなっても切り替え部分が気にならなくなり、ハイレグ・レオタード着用時に履かれるようになったのでは?と言っていました。

さらにその業界の方の話だと、切り替えのないパンストを大々的に広めたというかメジャーにしたのは新風営法前(1980年代半ば)の歌舞伎町のノーパン喫茶だろうと言っていました。パンツは履かないけど、当局の指導でパンストだけ履かせていたノーパン喫茶。このノーパン喫茶の経営者たちが「切り替えのないパンスト」を毎日新宿東口にあるオ○ダヤさんというランジェリー・ショップにこぞって買いに走ったそうです。ノーパン喫茶全盛期には一日何百足も売れたとか。

風俗がパンストを普及させた話のついでにあの「光沢のあるパンスト」はキャバクラブームの時にキャバクラ嬢がショータイムの時に、スポットライトを浴びて「光るパンスト」ということで火がついたとの話です。これも一般の店ではなかなか買うことが出来なかったので、新宿のオ○ダヤさんは当時は独壇場ではなかったのではないでしょうか?

ハイ、話がちょっと逸れてきたので元に戻すとしてその風俗嬢たちによって広められた「切り替えがなく、光沢のあるパンスト」がその後、レースクィーン・コンパニオンたちに受け継がれるわけですからおもしろいものですね。パンストメーカーの技術的な革新もあったのでしょうけど、今では、「切り替えがなく、光沢のあるパンスト」なんてコンビニでも置いてあったりします。

このパンストですが、レースクィーンはパンストを履かないとレースクィーンじゃない、というくらいこだわっている方、また、レースクィーンは関係なくレオタードでパンストなしの生足がいいと、おっしゃる方がいらっしゃると思います。この辺りはどちらの意見も採用して今後、チャレンジしていきたいと、思います。
今ご入会いただきますと、
今月いっぱいは無料でご覧いただけます。
よって、2006年1月1日から会員サイトの有効期間が発生するということですのでどうぞ、ごゆっくりご覧下さい。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (17108)

会員のみなさまへ

カテゴリ : 
お知らせ
執筆 : 
e-chan 2005/12/24 0:32
ちょっと早めですが、会員様方にささやかなクリスマスプレゼント♪ってことで
「ムービーをダウンロードの件」のリクエストに、ということでダウンロードできるようにしてあるそうです。テストは何回かしてるようですが、リンク切れとか間違いがありましたらご報告ください。私はWindows ユーザーではないのでわかりませんが、クリックして保存する方法でできると思います。

今ご入会いただきますと、今月いっぱいは無料でご覧いただけます。
よって、2006年1月1日から会員サイトの有効期間が発生するということですのでどうぞ、ごゆっくりご覧下さい。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (12651)
Google 検索
サイト内検索
Pick Upレオタード
白レオタード
メインメニュー
カレンダー
« « 2005 12月 » »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
カテゴリ一覧
最新のコメント
最新のトラックバック
Twitter
E-Channel
Powered by E-Channel (c) 2005-2019 E-Channel Project
Theme designed by OCEAN-NET